基本マップの構造

基本マップのルート要素はmapです。トピック群から1つの文書を構成するには、map要素の下に、DITAトピックを参照するためのtopicref要素を挿入します。トピックの階層構造を定義するには、topicref要素をネストします。

基本マップの構造を下図に示します。



基本マップの構造

基本マップに記述できる主要な要素を以下に示します。

title要素
マップ・タイトルを記述します。DITA Open Toolkitを使ってDITA文書をパブリッシングすると、マップ・タイトルはマニュアル・タイトルになります。
ヒント: マップ・タイトルは、map要素のtitle属性に指定することもできます。ただし、ブックマップとの互換性を考えて、図 1に示したとおり、title要素にマップ・タイトルを記述することを推奨します。
topicref要素
文書を構成するトピックまたはマップのパスを指定します。
topichead要素
タイトルだけの目次階層を設けるときに使用します。目次に掲載するタイトルをnavtitle属性に指定します。
reltable要素
任意のトピック間のリンクを、表形式で指定します。

基本マップの記述例

基本マップの簡単な記述例を下記に示します。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE map PUBLIC "-//OASIS//DTD DITA Map//EN"
"http://docs.oasis-open.org/dita/v1.1/OS/dtd/map.dtd">
<map id="map_sample" xml:lang="ja-jp">
  <title>マップのサンプル</title>
  <topicref href="topic_a.dita" navtitle="トピックA" type="concept">
    <topicref href="topic_b.dita" navtitle="トピックB" type="concept"/>
  </topicref>
  <topicref href="topic_c.dita" navtitle="トピックC" type="task"/>
  <topichead navtitle="トピック・ヘッド">
    <topicref href="topic_d.dita" navtitle="トピックD" type="reference"/>
  </topichead>
  <reltable>
    <relrow>
      <relcell>
        <topicref href="topic_c.dita" navtitle="トピックC" type="task"/>
      </relcell>
      <relcell>
        <topicref href="topic_d.dita" navtitle="トピックD" type="reference"/>
      </relcell>
    </relrow>
  </reltable>
</map>

上記の基本マップからHTML Helpを生成すると、下図のような目次になります。