リファレンス・トピックのタイトルを書く <title>

リファレンス・トピックのタイトル(title要素)には、コマンド名、ステートメント名、関数名、アプリケーション・プログラミング・インターフェイス(API)名称、メニュー・タイトル、リスト名など、リファレンス・トピックのコンテンツが説明している対象の名前をそのまま書きます。

リファレンス・トピックのコンテンツには、製品やシステムが提供する、機能や仕様そのものを書きます。したがって、リファレンス・トピックのタイトルと、製品やシステムの機能仕様書のタイトルは同様になります。

製品やシステムに習熟していないユーザーが、リファレンス・トピックにアクセスするときは、コンセプト・トピックやタスク・トピックの関連リンクを経由します。コンセプト・トピックやタスク・トピックが、ユーザーの知識とリファレンス・トピックで書かれる詳細情報を橋渡しする役目を果たすため、リファレンス・トピックのタイトルがシステム視点で書かれていても問題ありません。

一方、製品やシステムに習熟しているユーザーは、コンセプト・トピックやタスク・トピックを経由せずに、直接リファレンス・トピックにアクセスします。製品やシステムに習熟したユーザーは、どのリファレンス・トピックを見るべきかを理解しています。このため、製品やシステムに習熟したユーザーは、知りたい情報に素早くアクセスできるように、機能や仕様の名称をタイトルに掲げたリファレンス・トピックが、アルファベット順や機能別に整然と並んでいることを望みます。