ユーザー操作の補助説明を書く <info>

info要素には、ユーザーが操作を行うにあたって、その補助となる情報を記述します。

例えば、GUIの操作を説明している場合は、操作対象のGUI画面を図で示します。コマンド・ラインの説明をしている場合は、コマンド・プロンプトでのコマンドの入力例を示します。

ユーザーが行う操作が単純かつ明快で、cmd要素だけで説明できる場合は、info要素を書く必要はありません。

info要素の記述例

<task id="execute_by_ant" xml:lang="ja-jp">
    :
  <taskbody>
    <prereq> ... </prereq>
    <context> ... </context>
    <steps>
      <step>
          :
        <cmd>DITA Open Toolkitを実行するために、コマンドプロンプトに以下のコマンドを入力します。</cmd>
        <info><screen>&gt;<userinput>ant -f <varname>xxxx_xhtml</varname>.xml</userinput></screen>
          <parml>
            <plentry>
              <pt><varname>xxxx_xhtml</varname>.xml</pt>
              <pd>Antスクリプト・ファイルのファイル名</pd>
            </plentry>
          </parml>
        </info>
          :
      </step>
        :
    </steps>
    :
  </taskbody>
</task>