タスクの各ステップを書く <steps>

タスク・トピックのステップ群(steps要素)は、タスク・トピックの中心的なコンテンツです。steps要素は1つ以上のstep要素を含みます。1つのstep要素は、ユーザーが行うべき1つの行為を表します。

タスクの各ステップには、ユーザーが1つの行為を完了するのに必要不可欠な情報のみを記述します。関連する概念やリファレンスの情報は、関連トピックとしてリンクします。

1つのステップ(step要素)には、以下の要素を記述できます。

cmd(必須の要素)
ユーザーが行う操作を記述します。
info
ユーザーが操作を行うのを補助するための情報を記述します。
stepxmp
ユーザーが行う操作の実例を記述します。
choicetable
ユーザーが行う操作の選択肢を表形式で記述します。
choices
ユーザーが行う操作の選択肢をリスト形式で記述します。
tutorialinfo
チュートリアル的なマニュアルを作成している場合、初心者でも操作が行えるように、ユーザーが行う操作を丁寧に説明します。
substeps
1つの手順を、さらに詳細なサブ・ステップに分ける必要があるときに使用します。substeps要素の下層に、1つ以上のsubstep要素を挿入します。なお、手順がネストできるのは、1階層までです。
stepresult
ユーザー操作の結果を記述します。