注意、重要、ヒントなどを書く <note>

DITAでは、注意、重要、ヒントなどの注意を喚起する文章を書くためにnote要素を使います。

note要素のtype属性に注意の種類を指定します。note要素のtype属性に指定する値と、出版物を生成するときにDITA Open Toolkitによって自動生成される文字との対応を以下に示します。この表では、言語が日本語と英語の場合についてのみ記載しています。なお、DITA Open Toolkitをカスタマイズすることにより、自動生成文字を変えることができます。

表 1. note要素のtype属性と自動生成文字の対応(日本語と英語のみ記載)
note要素のtype属性の値 日本語 英語
note Note
notes Notes
tip ヒント Tip
fastpath ファースト・パス Fastpath
restriction 制約事項 Restriction
important 重要 Important
remember 要確認 Remember
attention 重要 Attention
caution 注意 CAUTION
danger 危険 DANGER

note要素のtype属性が指定されていない場合、DITA Open Toolkitはtype属性にnoteが指定されているときと同じように自動生成文字を出力します。