商標をマークアップする <tm>

トピックの本文中に、商標、登録商標、あるいはサービス・マークを記述するときは、その語句をtm要素でマークアップします。

tm要素でマークアップした語句には、tmtype属性の値に従って、商標、登録商標、あるいはサービス・マークの記号が表示されます。

重要: DITA Open Toolkit Ver1.4.3では、出力タイプがpdfのときは、商標、登録商標、および、サービス・マークのすべてについて、正しく記号が表示されます。出力タイプがxhtmlやhtmlhelpの場合は、サービス・マークの記号が表示されません。また、出力タイプがxhtmlやhtmlhelpの場合は、tmclass属性の値にspecialという文字列を指定しておかないと、商標や登録商標の記号が表示されません(DITA Open Toolkit Ver1.4.3の不具合と思われます)。
ヒント: 商標、登録商標、およびサービス・マーク等の文言は、定型文にしておくと便利です。定型文にするには、商標、登録商標、およびサービス・マークをまとめたトピック・ファイルを作成し、文言を書いた要素のid属性にユニークなID値を指定します。トピックの本文中でそれらの定型文を入力するときは、コンテンツ参照機能を使います。

tm要素の使用例

<p><tm tmclass="special" tmtype="reg" trademark="Adobe">Adobe</tm> <tm tmclass="special" tmtype="reg" trademark="Acrobat">Acrobat</tm>は、Adobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)の米国ならびに他の国における登録商標または商標です。</p>

Adobe® Acrobat®は、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国ならびに他の国における登録商標または商標です。